メイクをする行程で、一手間が大事!!

 

メイクをする際には、メイク崩れの原因をしっかりと理解したうえで行うことが大切になります。
原因は、汗・皮脂・乾燥の3つを意識するだけで、朝したメイクが夕方まで崩れにくくなります。

 

肌が乾燥していると、余分なテカリが出てきてしまうので、
メイク前には肌をしっかりと保湿することが大切になります。

 

化粧水

メイクする前に、コットンパフにあらかじめ冷蔵庫で冷やしておいた化粧水を
たっぷりとしみ込ませて、丁寧にパッティングしていきます。
こうすることで、毛穴をキュッと締めて、皮脂を出にくくします。

 

化粧水のあとに乳液や美容液を塗った後にもここで一手間。
ティッシュで余分な油分を取るために軽く押さえて行きます。
この後、メイク下地を塗ってファンデーションを塗るのですが、すぐには始めないこと。
肌が塗った物を吸収して落ち着くまで、3分ほど時間を置きます。

 

下地

時間を置いたら、下地を塗って行きます。
この下地も、夏になると崩れにくいメイク下地を使用することをおすすめします。
下地を均一に薄くまんべんなく肌に塗ったあとも、余分な油分を取るためにティッシュオフします。

 

ファンデーション

そして、ファンデーション。
ファンデーションは夏はパウダータイプの方が軽いつけ心地にはなりますが、
やはり崩れやすくカバー力が低いのでリキッドファンデーションを使用します。
このとき、スポンジ等は使用せずリキッドファンデーションは必ず手で付けます。

 

そして、顔全体に薄く伸ばしたあとに、ここで一手間。
何もついていないファンデーションスポンジで肌をポンポンと叩いていきます。
こうすることで、ファンデーションの油分をパフで取り除いて行きます。

 

ファンデーションを塗った後は、しっかりとフェイスパウダーをします。
これをすると、時間がたってもファンデーションが崩れにくくなり、化粧をした時のままを保てます。

 

また日中にも、テカってきたなと思ったら、こまめにティッシュで押さえて油分や皮脂をオフすることが大切です。

 

関連ページ

汗崩れしないメイク法
汗崩れしないメイク法をお教えします。
一日中、化粧崩れしない方法
朝のメイクがお昼頃には崩れているという女性は結構多いと思います。メイク崩れに悩んでる方は、以下の方法を試してみると良いでしょう。
崩れにくいメイクの基本
基礎づくりをしっかり行うことを心がけることで崩れにくく美しいメイクに仕上がります。
メイク崩れの原因と崩れないメイク術
メイク崩れの原因と崩れないメイク術についてお伝えいたします。
暑い季節の化粧崩れ防止対策
ファンデーションの崩れやアイメイクの崩れから目の周りがパンダになるのだけは極力避けたいところ。今回は暑い季節の化粧崩れ防止対策について綴ります。
崩れないメイクの必須アイテムは「お粉」!
仕上げに「お粉」を使うのと、使わないのでは、崩れ方が全く違うのです。さらに、その使う「お粉」は、なるべく粒子の細かいものを選びます。
化粧前のちょっとした工夫で顔面テッカテカから解放
化粧前のひと手間は本当に大切です。ココを怠らないようにすれば、顔面テッカテカから解放されます。
メイクを長時間持たせるにはどうするか?
百貨店のメイクコーナーで店員さんに教えてもらったメイク方法に自分流のアレジンを加えてメイクするようになってからは、朝から夕方自宅に帰るまでは、全くメイクが崩れなくなりました。