私の化粧崩れ防止対策

 

女性にとって暑い季節の化粧崩れは恐ろしいものです。
とくにファンデーションの崩れやアイメイクの崩れから目の周りがパンダになるのだけは極力避けたいというのが女心というもの。

 

今回は私が行っている化粧崩れの工夫を紹介します。

 

化粧下地

まず一番最初に使うのは「化粧崩れ」に特化した成分が豊富に含まれている化粧下地を使用することです。
通常の下地から化粧崩れ対策の下地に変更するだけでも目に見えての効果が現れます。

 

またパウダーファンデーションを使用の方にお勧めしたいのは、
ファンデーションを使用する前に粒子の細かいパウダーを先に着けておくことです。

つけた後、手で触ってみてサラサラになったと感じた後に、ファンデーションを薄くつけていきます。

 

これだけでも結構化粧崩れが防げます。
化粧が崩れたとしてもファンデーションをタップリつけていないので汚くならないのも良いところです。

 

首を冷やす

他には暑くなってきて汗をかいてきたら首を冷やすというのもおすすめです。
これだけで頭部にこもっている熱がとれますので、汗をかく量も少なくなります。

 

また顔を拭く時はぬぐうように拭くのではなく、ポンポンとはたくように汗をとると
余分な皮脂も一緒にとることができてお勧めです。
使用するハンカチは綿100%のものをお勧めします。

 

暑い季節は基本的にベースを薄くし、お粉やコンシーラーを駆使しカバーすることを心がけましょう。

 

目元

次に目のパンダですが、これも目の周りの皮脂と水分からパンダ目になることが多いので
目の周りには特にタップリとお粉をはたいておくのが効果的です。

 

特に下まつ毛の下の涙袋のところなどは綿棒などを使用しお粉をつけておくと
細かいところまでもお粉を塗れるのでおすすめです。

 

マスカラとアイライナーなどはウォータープルーフ効果だけでなく皮脂にも強いものを選びましょう。
アイシャドウはラメがついているものはパンダ目になった時にラメが取れにくいので、
マットな明るめのシャドウを使用することをお勧めします。

 

関連ページ

汗崩れしないメイク法
汗崩れしないメイク法をお教えします。
一日中、化粧崩れしない方法
朝のメイクがお昼頃には崩れているという女性は結構多いと思います。メイク崩れに悩んでる方は、以下の方法を試してみると良いでしょう。
崩れにくいメイクの基本
基礎づくりをしっかり行うことを心がけることで崩れにくく美しいメイクに仕上がります。
メイク崩れの原因と崩れないメイク術
メイク崩れの原因と崩れないメイク術についてお伝えいたします。
崩れないメイクの必須アイテムは「お粉」!
仕上げに「お粉」を使うのと、使わないのでは、崩れ方が全く違うのです。さらに、その使う「お粉」は、なるべく粒子の細かいものを選びます。
化粧前のちょっとした工夫で顔面テッカテカから解放
化粧前のひと手間は本当に大切です。ココを怠らないようにすれば、顔面テッカテカから解放されます。
メイク崩れ防止にはフェイスパウダーの使い方が大事
メイク崩れを防ぐには、メイクをする行程で、一手間が大事です。フェイスパウダーを上手に使いましょう。
メイクを長時間持たせるにはどうするか?
百貨店のメイクコーナーで店員さんに教えてもらったメイク方法に自分流のアレジンを加えてメイクするようになってからは、朝から夕方自宅に帰るまでは、全くメイクが崩れなくなりました。