一日朝のメイクを保つための対策

 

朝のメイクがお昼頃には崩れているという女性は結構多いと思います。
メイク崩れに悩んでる方は、以下の方法を試してみると良いでしょう。 

 

十分な保湿

肌の保湿が十分に行われていない状態でメイクをした場合、肌が乾燥を防ごうと皮脂を分泌するように出来ています。
そのため、お昼頃にはテカテカの状態になったり、ファンデが毛穴から浮き出た皮脂によって浮いてくるような状態になってしまうのです。

 

この状態を防ぐためには、朝のメイク前のスキンケアが最も重要なポイントとなります。

 

朝は忙しい為、簡単に化粧水だけで保湿を済ませてしまってはいませんか?
化粧水、乳液、美容液を十分に肌になじませ、肌にうるおいが感じれるようになってからメイクをすることで、
乾燥による皮脂の分泌を防ぐことが出来ます。

 

時間がない場合でも、こうしたスキンケア商品にはしっとりタイプ、さっぱりタイプと用途が分かれています。
すぐにでもメイクに取り掛かりたいという場合は、さっぱりタイプで乾くのも早いので、十分に保湿をしてあげることで、メイクのノリも変わってきます。

 

ティッシュで余分な皮脂を取り除く

上記の方法を試しても、特にTゾーンなどにテカりが見えることがある場合、ティッシュ一枚で解決することも出来ます。
メイクの崩れをカバーしようと、その上からファンデーションを使用しては、崩れ自体は解消できません。

 

ティッシュ一枚顔の上に乗せて、軽く上から押してあげるようにして、
余計な皮脂や浮き出たファンデーションを吸い取ってあげることで、さらりとした状態にします。
その上からパウダータイプのもので軽くポンポンとはたく程度薄く塗りなおしてあげることで、
毛穴の広がりもカバーでき、テカりを改善することが出来ます。

 

毎日ポケットティッシュを持参しておくと良いでしょう。
また、これからの季節汗も加わることですので、こうしたちょっとした方法で改善が見られます。

 

厚塗りはメイク崩れの最大の敵

気になるシミやそばかす、また皮脂が目立つ場所のTゾーンに、ファンデーションを厚く塗ってしまう方が多いです。
しかし、朝はこの状態で綺麗になりますが、時間が経つと同時に、厚く塗ったところから崩れ始めてしまっていることには気付いていますか?

 

特に粉のタイプのファンデーションを利用している人は、皮脂により毛穴の形状通りに浮き出てくるため、
それを拭きとろうとすると、ファンデーションが伸び、まだらな状態に仕上がってしまうのです。

 

そのため、ファンデーションは「薄く」が基本です。

 

どうしてもシミなどが気になる場合は、下地クリームの色をその場所だけ濃いタイプを使用したり、
コンシーラーで部分的にカバーするといった方法で対策することをおススメします。 

 

保湿・余分な皮脂の除去・薄いファンデーション、これらを取り入れることだけでも、崩れの違いが実感できるはずです。

 

関連ページ

汗崩れしないメイク法
汗崩れしないメイク法をお教えします。
崩れにくいメイクの基本
基礎づくりをしっかり行うことを心がけることで崩れにくく美しいメイクに仕上がります。
メイク崩れの原因と崩れないメイク術
メイク崩れの原因と崩れないメイク術についてお伝えいたします。
暑い季節の化粧崩れ防止対策
ファンデーションの崩れやアイメイクの崩れから目の周りがパンダになるのだけは極力避けたいところ。今回は暑い季節の化粧崩れ防止対策について綴ります。
崩れないメイクの必須アイテムは「お粉」!
仕上げに「お粉」を使うのと、使わないのでは、崩れ方が全く違うのです。さらに、その使う「お粉」は、なるべく粒子の細かいものを選びます。
化粧前のちょっとした工夫で顔面テッカテカから解放
化粧前のひと手間は本当に大切です。ココを怠らないようにすれば、顔面テッカテカから解放されます。
メイク崩れ防止にはフェイスパウダーの使い方が大事
メイク崩れを防ぐには、メイクをする行程で、一手間が大事です。フェイスパウダーを上手に使いましょう。
メイクを長時間持たせるにはどうするか?
百貨店のメイクコーナーで店員さんに教えてもらったメイク方法に自分流のアレジンを加えてメイクするようになってからは、朝から夕方自宅に帰るまでは、全くメイクが崩れなくなりました。